業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売の株式会社クレイズ

業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売のクレイズ

個人サロンにオススメの広告。クオリティマーケティングとは?

5 views
約 4 分
個人サロンにオススメの広告。クオリティマーケティングとは?

エステサロンが集客増を考えた際にまず思いつく広告「クーポン媒体」。
自身のお店を知らないエンドユーザーにお店の存在を手っ取り早く知っていただくことができます。

しかし、クーポン媒体に依存してしまい、先々苦労しているサロンさんも多くあります。
今回はサロン様が出稿、掲載する広告についていくつかの種類をご説明させていただきます。

集客のための広告の種類

サロンにて使用する広告には誌面広告、インターネット、折り込みやチラシなど様々な方法があり、それぞれの広告にはメリット、デメリットがあります。
全てのお店に同じ広告が成功するわけではないですが、それぞれの特徴を理解して利用するかしないかは先々の集客や広告費用にとても影響が出てきます。

まずはマーケティングの種類、「オークションマーケティング」と「クオリティマーケティング」に分けて違いをご説明いたします。

オークションマーケティングとは

高い掲載費を払えば上位に表示され、高い広告費を払えない中小企業、個人店舗は下位に表示される。
予算の少ない中小、個人店舗が戦うのは厳しい媒体です。
代表されるのはホットペッパーやチラシ、紙媒体もこのジャンルになります。
料金を支払わないと掲載が終了するため、支払った広告費用は資産にはなりません。

クオリティマーケティングとは

インスタ、MEO、SEOの様に、お金を払っても上位表示が約束されない広告です。
企業よりも個人の方の方がフォロワーが多かったり、
SEOも個人のブログの方が大手サイトよりも上位表示されることが多々あります。グーグルの独自アルゴリズム(ルール)により、正確で必要な情報を掲載しているサイトを上位表示するようになっているためです。
基本的に費用はかかりませんが、SEOやMEOの掲載順位やフォロワーは資産といえます。

以上のように、広告にはいくつかの手法があります。
個人サロンさんが長期的に戦っていくには資金力が必要なオークションマーケティングよりもクオリティマーケティングでファン(資産)を増やしていくのが良いと最近では言われています。

まとめ

クーポン媒体が良い悪いではなく、デメリット部分も把握した上でうまく利用することが大事です。
今後は、インスタやGoogleマップなどでも予約システムが搭載されていく予定です。(アメリカなどでは既にはじまっています)
Googleでの情報が充実すれば、SEO、MEOの掲載順位の上昇も期待できます。

弊社にて機器をご購入いただいたサロン様には上記マーケティングやアカウント登録など無料にてサポートさせていただいてますので興味ある方は遠慮なくご連絡ください。

少しでも早い段階で対策をはじめ、予算をかけずにファンを集め、集客につなげる準備をはじめていくと良いと思います。

関連記事

※ホットペッパーについての記事です(他サイト)