業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売の株式会社クレイズ

業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売のクレイズ

なぜ人気?話題のヒト幹細胞培養液「Direia〜ディレイア〜」

1697 views
約 4 分
なぜ人気?話題のヒト幹細胞培養液「Direia〜ディレイア〜」

ここ数ヶ月、クレイズオンラインサイトでもご注文が多い「direia〜ディレイア〜」シリーズ。
話題のヒト幹細胞培養液が含まれており、今日はこちらの魅力について簡単にまとめたいと思います。

幹細胞(かんさいぼう、stem cell)

〜以下ウィキペディアより〜
幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力(自己複製能)と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞と定義されている。発生における細胞系譜の幹 (stem) になることから名付けられた。幹細胞から生じた二つの娘細胞のうち、少なくとも一方が同じ幹細胞でありつづけることによって分化細胞を供給することができる。この点で分化した細胞と異なっており、発生の過程や組織・器官の維持において細胞を供給する役割を担っている。

なんだかとても複雑で難しいのですが、「幹細胞」は幹細胞の性質が維持できなくなると新たな細胞が供給されなくなり、早老症や不妊などの原因になると言われています。少しわかりやすくまとめると、私達が病気になったり怪我をしたりすると、細胞も怪我をしたり死んだりするのですが、こういった時に幹細胞が活躍しています。 幹細胞は怪我をした組織を治癒させ、死んでしまった細胞を補なったりすることで、 私たちを健康に保ち老化を防いでくれたりしています。 幹細胞がどんどん失われていくと、老化が早まったり怪我や傷などがなかなか治りにくかったりして私達の身体や皮膚などが回復するのに時間がかかったりするのです。
ちなみに、「幹細胞」にはいろんな種類があります。いままでの研究によると、私達の体のそれぞれの臓器が異なる幹細胞を持っていると考えられています。

再生医療の現場でも活用される「ヒト幹細胞培養液」

ディレイアに高配合されている「ヒト脂肪由来幹細胞培養液」は、人体の脂肪組織より抽出した幹細胞培養時に分泌される。
サイトカインやインターロイキン、SODを豊富に含み、皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材になっています。

■植物由来
植物の幹細胞を取り出して人工培養で増やし、その細胞から抽出したエキスを利用したもので、「リンゴ幹細胞エキス」や「アルガン幹細胞エキス」など。

■ヒト由来
現在、美容や医療で最も使われているのは、人の皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞。
その幹細胞から分泌される「脂肪由来幹細胞培養液」には、アンチエイジングに効果的な成長因子などがたくさん含まれています。
植物由来の幹細胞コスメには、抗酸化作用やうるおいを与える効果があるといわれています。
しかし、植物と人とでは細胞の仕組みが全く違うため植物由来の成分が人の細胞にどう作用するのか解らない部分も少なくありません。しかし、ヒト幹細胞培養液は人の細胞そのものに働きかけることができる成長因子が豊富に含まれているため、再生医療や美容の分野で組織再生に効果的とされ今後期待されている有用成分です。

ディレイアには、高濃度に配合した有用成分を安定的に長時間一定して届けることが可能な経皮送達システムは安全性に優れ、高い浸透力でスピーディな作用、現実的な肌再生、アンチエイジングが可能になっています。

パックやボディクリームなどどれも試してみたいのですが、ひとまずこちらの“ディレイア アイラッシュ ザ ステム セラム”「まつ毛美容液」を朝晩続けてみたいと思います。
こちらの「まつ毛美容液」の魅力は、幹細胞が使われているのはもちろんのこと「人工香料」「人工着色料」「鉱物油合成油」「エタノール」「パラベン」「シリコン」「紫外線吸収剤」の7個のものが入っていないということ。どんな部位であっても経費吸収しますから、安全で安心な美容液というのも魅力ですね!

感想や詳細についてはまた後日アップしたいと思います。

※ディレイアについての商品説明会、年内は東京会場は 12月6日(水)のみとなっております。
詳しくはこちら→
ご興味のある方は、クレイズまでお気軽にお問合せください。

投稿者

株式会社クレイズインストラクターHITOMI
福岡県出身。美容師免許。ネイル検定1級。各商材の営業・企画。ネイル、ワックス脱毛商材が専門。
趣味:ドラマ

Facebookコメントはこちら