業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売の株式会社クレイズ

業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売のクレイズ

洗顔のやり方間違っていませんか?ぬるま湯がおすすめな理由。

803 views
約 4 分

みなさん、洗顔するときはどのようなことに気をつけていますか?

美容業界の方ですと、ご自身に合った洗顔を使ってたっぷり泡立てて洗顔していることと思います。
朝の洗顔時には、洗顔料を使わず水だけで洗い流すって方やふき取り化粧水のみ!という方もいるようです。

これが正しい洗顔です!!!と断言することはできませんが、様々な方法を試してきた中で私が洗顔時に必ず気をつけてほしいことは、「洗顔時の水の温度」です。
その水の温度とは「冷水」のことではなく、「ぬるま湯」を指しています!

「ぬるま湯」とよく聞くと思いますが、ぬるま湯とは何度のことだと思いますか?

「ぬるま湯」とは、約30度~体温くらいの36度~37度くらいまでをぬるま湯と呼んでいます。
できるだけ人肌の温度がおすすめです。お水よりもぬるま湯!!!

「ぬるま湯」は、肌についている皮脂や汚れを溶かしてくれる力があるので、水で洗顔するよりも洗顔料をたくさん使用する必要がなくなり、お肌への負担も少なくすみます。
特に乾燥肌の方にとっては、朝から強い洗顔料を使用することが、かえってお肌の乾燥を招くだけということもあります。

ここ数年は、洗顔料は使わず「ぬるま湯」だけで洗顔をすませているという方も増えてきています。

一時期流行した、「冷水」で洗い流すといった洗顔法も人気がありましたね。
水で洗った直後は毛穴が引き締まってキメが整ったように見えるからと、冷水で洗い流していた方も多かったようですが、それは一時的なもの。
しばらくすると毛穴は広がっていき、化粧のりが悪くなったり、皮脂や油が落し切れていないのでニキビなどの吹き出物ができたりと、心当たりある方も多いと思います。

ぬるま湯の中でも、肌タイプ別に温度をわけていくと・・・

脂性肌の人=35~37度
普通肌の人=32~35度
乾燥肌の人=30~32度

となっているようです。

皆様もご存知の通り「脂性肌の人」「乾燥肌の人」とでは肌の油分量も水分量も全く違います。
すべての肌質の人に同じ洗顔料や洗顔時の温度が合うということはありえないということです。
お湯は温度が高いほど皮脂を溶かし出す効果が高くなります。
つまり、より油分を取り去る効果が高いのは高い温度のお湯だということになりますが、高い温度は皮脂を取りすぎてしまい自浄作用も失われていくので洗顔時に限らず、入浴時の温度にも十分気をつけましょう。

最後に。
洗顔には汗やほこり、角質や皮脂などの水溶性の汚れを落とす役目をしています。
洗顔は美肌作りの基本です!
古い角質や皮脂をしっかり落とすことで、洗顔の後に使用する化粧水や乳液、美容液やパックなどの効果も発揮します。
どんなに良い化粧水や美容液を使っていても、土台がしっかりしていないとその効果が出にくいということです!

洗顔をきちんとすることで古い角質を除去することができ、肌のターンオーバーが正常におこなわれ、美しい肌へと導いてくれています。
洗顔料を使用する場合も、固形石鹸タイプや泡タイプ、チューブタイプなど様々ありますが、どれもしっかりきめ細かい泡を作ること。
たっぷりの泡で、Tゾーンや油分皮脂の多い箇所をまず最初に、そして全体を優しく泡だけがお肌に触れるくらいの圧で優しく、とにかく優しく洗ってくださいね。
そして、自分の歳の2倍以上の回数でしっかりすすぐこと、このとき「ぬるま湯」です!

まずは一度、洗顔時の温度を測ってみてください。
ご自身にあった適性の水の温度が分かれば、少しでも肌トラブルがなくなると思います!

投稿者

株式会社クレイズインストラクターHITOMI
福岡県出身。美容師免許。ネイル検定1級。各商材の営業・企画。ネイル、ワックス脱毛商材が専門。
趣味:ドラマ

Facebookコメントはこちら