業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売の株式会社クレイズ

業務用美容商材・化粧品・エステ機器販売のクレイズ

老化の原因=紫外線と活性酸素の関係

502 views
約 6 分

先日、BE-MAXさんの本社で開催されていた
「夏を過ぎてもまだ危険!紫外線の落とし穴!!」のセミナーに参加してきました。

私はまだ2回目の参加ですが、BE-MAXのサンプルや新商品の試飲などもあるのでありがたく頂戴しております。
無料のセミナーが1時間半程ですが今回もとても勉強になりましたので、老化の原因にもなる「活性酸素」についてお話ししたいと思います。

飲む日焼止め「the SUN」

私も飲み続けている飲む日焼け止めとして人気のサプリメント「the SUN」
お取り扱いしているサロン様も多くご存知の方も多いと思います。飲む日焼止めとしての効果はもちろんのこと、肌トラブルを抑えるためにも必要な栄養分もたっぷり入っているのですが、まずはその栄養分について。
栄養成分には、太陽をたっぷりと浴びて育っている南スペインで採れたシトラス果実とローズマリー葉のエキス末を中心に配合されています。
BE-MAXさんが南スペイン産にこだわる理由。それは、太陽をしっかりと浴びていない果実や野菜などと比べるとたっぷり浴びている南スペイン産で採れたものは、栄養分も味も全然違ったそうで、環境の良いところで紫外線たっぷり浴びて育った栄養分たっぷりの果実をサプリメントに使用することもこだわっていることの1つなんだそう。

また、「the SUN」には、ザクロポリフェノール「エラグ酸」を80%以上含有した抽出物も含まれています。赤い実の果物や野菜などが体にいいものとは知ってはいましたが、どうしてそれらが体はお肌に良いのかとかよくわかっていないという方も多いと思います。
「ポリフェノール」といえば、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、クランベリー、イチゴやザクロ、またクコやクルミにも含まれており、チョコレートなどのカカオやお茶に含まれているカテキンにもポリフェノールが含まれいます。
これらのほとんどが、1つの枝からたくさん実がなっている食べ物が多く、植物に含まれている色素や苦み、渋みの成分であることが多いです。
ちなみに、ポリフェノールは「ポリ」と「フェノール」の2つの言葉が合わさったもので「フェノール」には香料や色素の元になる物質で、果物や野菜の色はこのポリフェノールによるものなんだそう。そしてそれらはすべて、天然フェノール系の抗酸化物質で自然界には約4000種以上ほどあります。
ポリフェノールには、強力な抗酸化作用があり体から活性酸素などを取り除いてくれる働きがあるのですが、カルテノイドという色素が活性酸素を中和する力があるので、ポリフェノールが体にいい!ということになるわけです。
他にも抗ウイルス作用、抗菌作用、脂肪の燃焼促進作用、ホルモン作用、血栓の予防作用など多くの働きが注目されているので、ポリフェノールにはまだまだたくさんの魅力があり今後も注目する必要があります。
そして、L−シスチンというビタミンCなども配合されているのでメラニン生成を抑える働きもあります。
今、浴びている紫外線だけではなく、体の中でメラニン生成を抑えてくれる働きがあるのは良いですね!
そして最後に、脂溶性ビタミンのひとつ「ビタミンD」も含まれています。食べ物から摂取するほかに、日光を浴びると私たちの体内でも作り出せるビタミンで「サンシャインビタミン」とも言われています。これらを含んだ「the SUN」は、夏場だけでなく年中摂取することをお勧めしています。

〜こちらは、トライアルパックのthe SUN
サロンのお客様とやスタッフのお試し用としてお勧めのトライアルパックです!

【BE-MAX the SUN】

紫外線は、1年中降り注いでいます。肌トラブルの原因の80%は紫外線が原因だと言われいます。
ご存知のかたも多いですが、室内にいるから、とか真冬だから大丈夫という認識は間違いです。真夏は太陽が真上にありますが、秋冬になると太陽も紫外線も斜めに入ってくるので、日傘をさしていても日焼けしやすくまた、涼しくなったからとうっかり日焼け止めサプリや日焼け止めを塗布しない方も多いのでうっかり日焼けには注意が必要です。
ちなみに、雪山などゲレンデでは100%反射しているので日焼けします。ゲレンデ焼けしたことある方も多いと思いますが、白い雪や白いアスファルトなどは危険ですね!

透き通るような輝きをサポートする「ASTA」

そして、こちらは「ASTA」

中のサプリは、このような色です。

【BE-MAX ASTA】

ASTAには、アスタキサンチン、β-カロテン、ルテインをメインに配合されていて、紫外線の下でも透き通るような輝きをサポートするサプリメント。
アスタキサンには、カニ、エビ、鮭、いくらなどの天然の赤色のものに多く含まれています。他のカロテノイドに比べて活性酸素の消去作用を保つ力があり、またBカロテンよりも高い安定性をもっているため、強力な抗酸化作用を持つ抗酸化物質の代表であると言われてます。Bカロテンの10倍以上もあるそう!
わかりやすくまとめると、「アスタキサン」には全身の活性酸素除去に役立っているんです!

活性酸素とは

そもそも「活性酸素」って???と思っている方もいると思うので、簡単にお話しします。
「活性酸素」とは、「体の錆び(サビ)」のことをさしています。紫外線や電磁波、ストレスや喫煙、過度な飲酒や食品添加物、大気汚染なども錆びとなる発生原因になっています。また、ダイエットや健康のためと思ってやっている運動も、激しい運動となるとストレス等がかかって活性酸素を生み出しているんです。
通常の「酸素」は、エネルギーを作るもの。
「活性酸素」の「活性」には化学反応が起こりやすいこと。そして「酸素」という言葉もついているように、酸素が変化したもので良くも悪くも「ものを酸化させる力が強すぎるもの」になります。普通の酸素に比べて細胞を酸化させてしまう力が強いのが特徴で、活性酸素の4種類ある中の1つの物質「ヒドロキシルラジカル」は悪玉活性酸素とも呼ばれていて、過度なストレスがかかったりすると他の活性酸素に比べ100倍の酸化力があり、体に悪影響を及ぼします。
また、添加物は体の中で分解する力が少ないので、極力摂取しないようにするとかサプリメント等でデトックスする必要があります。
活性酸素は、日常で起きているものばかりなのです。これらが増えると、アトピー性皮膚炎や、シミ、ソバカス、シワや肌荒れ、性欲減退や肝炎・糖尿病などの病気を引き起こすことになっているんです。
活性酸素は、糖代謝に関わる細胞を破壊もしてしまうそうなので、中性脂肪も著積されやすくなり、太りやすい体質にもしてしまうとっても怖いものでもあります。

ですので、先ほど伝えた「肌トラブルの原因の80%以上は紫外線」となると、毎日浴びている紫外線=活性酸素を悪化させないためにも日頃からしっかりケアする必要があるということです。
ただ、ここで気をつけていただきたいのは紫外線を全く浴びないというのは間違いです。人間の体は、太陽を浴びる必要もあるので引きこもったり、夜間だけ行動するようなことはしないでくださいね。

長くなりましたが、いかがでしたか?
活性酸素について、一度ご自身の食事や生活スタイルなどを見直してみてくださいね。

投稿者

株式会社クレイズインストラクターHITOMI
福岡県出身。美容師免許。ネイル検定1級。各商材の営業・企画。ネイル、ワックス脱毛商材が専門。
趣味:ドラマ

Facebookコメントはこちら

最新の記事

More

よく読まれている記事